ANAの株主優待券でお得旅行!便利に使える優待券の活用

- 1名分の片道普通運賃を50パーセント割引するANAの株主優待券

更新情報

1名分の片道普通運賃を50パーセント割引するANAの株主優待券

航空会社大手のANAでは、1000株以上株を所有している株主を対象に、株主優待券・株主特別優待券を発行しています。
航空会社の株主優待券と言えば、飛行機を利用する際の運賃の割引などが想像できますが、ANAの場合は優待券1枚で国内線の1名分の片道普通運賃を50パーセント割引するというものを発行しています。
発行基準が3月末のものを株主優待券、発行基準が9月末のものを株主特別優待券という名称で発行しているそうです。
どちらの優待券も、ANA国内営業の路線に使う場合には有効期間が1年間となり、所有株数が増加するにつれて発行枚数も増えて行きます。
また、繁忙期と言われるゴールデンウィークや年末年始などでも、空席があれば利用する事が出来るので、レジャーのタイミング、帰省のタイミングなどさまざまなシーンに合わせて便利に使用することができます。
ANA株主優待券買取をしている金券ショップなどで手に入れることで運賃の割引だけでなく、有効期間内であれば、急な予約の変更や、クラスの変更(追加料金があります)も出来、とても便利に使うことが出来る優待券です。
上記の株主優待券・株主特別優待券の他に、ANAグループ各社・提携ホテルご優待券も発行されています。
ANAグループ各社・提携ホテルご優待券は、各種クーポン券が1冊の冊子になり株主1名に対して1冊の発行となっています。
国内線搭乗優待券とは違い、有効期間は6カ月間となっているので注意が必要です。
有効期間が6カ月間でも、ANAグループ各社・提携ホテルご優待券の場合は大変便利で、グループ会社や提携ホテルへの宿泊料金や飲食料金はもちろん、ゴルフプレー料金の割引などさまざまなサービスが用意されています。
国内線搭乗優待券と大きく違う点では、国内・海外パッケージツアー商品にも使えると言う点です。
通常旅行代金よりも7パーセントの割り引きが適用となり、海外旅行にも使う事が出来るとなると、旅先を選ぶ際にも迷ってしまいそうになります。
1枚で最大5名まで利用することができるので、ご家族での旅行はもちろん、グループでの旅行にも利用することができます。
その他、空港内でのショッピングに対して10パーセントの割引が適用になったり、免税店でのショッピングにも割引が適用になるなど、至れり尽くせりな面も持ち合わせています。
株主優待券・株主特別優待券に比べて、有効期間が短いような感覚もしますが、年に2回発行されますので、通年通しての利用が可能になります。

Copyright(C)2014ANAの株主優待券でお得旅行!便利に使える優待券の活用All Rights Reserved.